雲仙

施設一覧

雲仙地獄

雲仙温泉を代表する観光名所・地獄温泉。 硫黄の香りが立ち込め、地の底から吹き出す蒸気と熱気が辺り一面を覆い尽くす光景は、まさに地獄そのもの。ここはキリシタン殉教の舞台になったところでも知られ、殉職碑も建てられています。 大叫喚地獄やお糸地獄、清七地獄など30あまりの地獄からなり、さまざまな哀史や伝説を今に伝えています。

住所雲仙市小浜町雲仙

TEL0957-73-3434

雲仙ビードロ美術館

江戸時代、ビードロ・ギヤマンと呼ばれ珍重されたガラス。長崎は日本のガラスの発祥地でもあり、当館は「ビードロ」と呼ばれてきた江戸期の吹きガラスや19世紀のボヘミアンガラスなどのアンティークガラスをコレクションしています。更に柿右衛門・鍋島・古伊万里などの陶磁器、絵画などを季節に応じて展示いたしております。また、各種のガラスづくり体験が楽しめる工房も併設いたしております。

住所雲仙市小浜町雲仙320番地

TEL0957-73-3133

雲仙ロープウェイ

標高差約174m、距離約500mの仁田峠駅から妙見岳駅間を約3分で結んでいます。 ゴンドラは足元近くも見られるような広い窓が特徴で三線交走式。 四季折々の景観が美しく、妙見駅にある妙見岳展望所からは普賢岳、平成新山を望むことができます。

住所雲仙市小浜町雲仙551

TEL0957-73-3572

小浜温泉足湯 ほっとふっと105

小浜温泉に日本一長い足湯が誕生しました。 今最も注目されている、『健康』や『食』に対する新しいスタイルの発見と可能性に満ちた、魅力あるスポットです。

住所雲仙市小浜町北本町905-70

TEL0957-74-2672

淡島神社

文化9年(1812年)神代藩主10代鍋島茂體公の時代に亀川出羽守忠英によって建立されました。 淡島神社という名称は元来粟嶋神社の俗称として親しまれた呼び名でしたが、今では通り名となり、全国各地の淡島神社と同様、厚い信仰を集め「淡島さん」と親しまれています。

住所雲仙市国見町神代西里

TEL0957-78-2111

百花台公園

雲仙普賢岳を間近に望む自然豊かな公園です。 遠く正面に広大な有明海、背後には雄大な平成新山と、展望等から眺める景観はまさに圧巻。

住所雲仙市国見町多比良戊1448-46

TEL0957-78-3545

休暇村雲仙

豊かな森が広がる敷地内に、諏訪の池やピクニック園地、各種スポーツ施設、天文台などレジャー施設が充実した公共の宿で夏はキャンプ場として人気が高く、多くの人に利用されています。

住所長崎県雲仙市小浜町諏訪の池

TEL0957-74-9131

みずほの森公園

湧き出る水と木漏れ日が美しい みずほの森公園。 広い公園には、アスレチックが楽しめる「冒険の森」や「芝生広場」、木工教室が楽しめる「クラフトハウス」、キャンプ場などがあり、みどりに親しめる場所です。

住所雲仙市瑞穂町西郷丁

TEL0957-77-2111

波の湯 茜

橘湾内の波消石上に造った海上露天風呂。満潮時は海面との差20僉小浜名物の海と夕日と温泉を一度にじっくりと楽しめる。

住所雲仙市小浜町マリーナ20

TEL0957-74-2672

湯せんぺい手焼き体験

一丁 3kgもある 金型に生地を流し込み、一枚一枚丁寧に焼き上げる、 昔ながらの“純一枚”手焼き湯せんぺいの遠江屋本舗では、 店頭にて実演を行っております。

住所雲仙市小浜町雲仙317

TEL0957-73-2155

棚畑展望台

3.7mの展望台とトイレ、駐車場が整備され、「長崎県だんだん畑10選」に選定された「辺木地区・小竹木地区」の景観を展望できます。 棚畑約800枚を眺めることができ、整然とした棚畑やじゃがいも畑が広がり美しい風景が楽しめます。

住所雲仙市南串山町

TEL0957-38-3111

橘(神社)公園

橘公園には千々石の三大先人(橘中佐・釧雲泉・千々石ミゲル)の史蹟が数多く残されています。 春には花まつり、夏にはこども相撲大会、秋には遠足、冬には初詣や橘ぜんざいと季節ごとに様々な催し物が行われ、中でも初詣は県内3番に入るほどです。

住所雲仙市千々石町己529

TEL0957-37-2538

蟇誓腓のこ本舗 雲か山か 愛野店

きのこ本舗の直売店「雲か山か 愛野店」は、きのこ屋がつくったくつろぎ処です。

住所雲仙市愛野町乙5552-8

TEL0957-27-5180